ゲーム配信PC選び スペック優先の究極マシン選定術

目次

ゲーム配信PCのスペック基準とは?

ゲーム配信PCのスペック基準とは?

理想的なCPU選びで性能維持

ゲーム配信において最も重要なPCスペックの一つがCPU、すなわち中央処理装置です。

配信では高解像度での動画処理が求められ、これには高性能なCPUが不可欠です。

理想的なCPU選びでは、複数のコアを持つものを選ぶことが肝要です。

例えば、Intel Core i9やAMD Ryzen 9のような多コア・高クロック速度のCPUは、複雑なデータを迅速に処理する能力を持ち、ゲームのプレイと同時に、高品質なストリーム配信を行うのに適しています。

さらに、これらのプロセッサはマルチスレッド処理にも優れており、複数の操作を同時にこなすことが可能です。

これは、配信中にゲーム以外のアプリケーションを使用する場合にもスムーズなパフォーマンスを保ちます。

ゲーム配信用のPCを選定する際には、これらの高性能CPUを搭載したモデルを優先することで、長時間の使用にも耐える堅牢なシステムを確保することができるでしょう。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 41516 2406 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41464 2347 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41464 2347 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38912 2068 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38835 2039 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35806 2224 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35806 2224 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 34043 2198 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 34043 2198 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32807 2092 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32807 2092 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29499 2030 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 29095 1961 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 27262 2035 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24845 2093 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24845 2093 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 22260 1941 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20533 2006 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19668 1929 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17879 1808 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16180 1770 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16180 1770 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15416 1973 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9151 1739 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9151 1739 公式 価格

グラフィックスカードの選択肢と配信への影響

グラフィックスカードはゲーム配信で最も重要な要素の一つです。

この部品がゲームの美しさを決定づけるだけでなく、滑らかな配信が可能かどうかも左右します。

たとえば、NVIDIAのGeForce RTX4080やAMDのRadeon RX 7700 XTといった高性能カードは、高解像度でのゲームプレイを可能にし、同時に多数の視聴者に対してクリアな映像を提供します。

配信中には、ゲーム自体だけでなく、配信ソフトウェアもGPUを利用するため、グラフィックスカードへの負荷が増加します。

ですので、グラフィックスカードがパワフルであればあるほど、その影響を受けることなく、快適に配信を行うことができます。

さらに、NVIDIAやAMDの最新カードにはエンコード機能が搭載されており、これが配信のCPU負荷を減少させることにも貢献します。

だからこそ、配信用PCを選ぶ際には、グラフィックスカードのスペックを重視することが非常に重要です。

高性能なグラフィックスカードを選ぶことで、配信が途切れることなく、視聴者に高品質な映像を提供することが可能となります。

では、ゲーム配信を行うために最適なグラフィックスカードを選ぶことが、最高の配信体験を実現する第一歩です。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 36452 73754 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 30312 73052 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 29352 67988 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 26365 67172 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23908 55366 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 20076 50226 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19382 50871 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 18104 45652 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 17118 42234 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13561 34436 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13560 34883 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13444 34254 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12558 30228 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10907 31581 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10735 28440 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10726 27363 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7391 19522 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6319 15962 130W 公式 価格

必要なメモリ容量の見極め

ゲーム配信においてスムーズな運用を支えるメモリ容量は、選定にあたって特に重視すべき点です。

配信中に複数のソフトウェアを同時に動かす必要があるため、十分なメモリがないとパフォーマンスの低下を引き起こす原因になります。

具体的には、ゲーム自体の動作に加えて、配信ソフトウェア、そして場合によってはウェブブラウジングやチャットアプリも同時に動かす必要があります。

これらのアプリケーションがスムーズに動作するためには、最低でも16GBのRAMが推奨されますが、より高品質な配信を目指す場合は、32GB以上を搭載しているPCを選ぶことが望ましいです。

さらに、今後のアップグレードや新たなソフトウェアの要求仕様の向上を見越して、可能であれば拡張スロットに余裕のあるモデルを選ぶと良いでしょう。

これにより、将来的にメモリを追加することで長期的な使用が見込め、結果としてコストパフォーマンスも向上します。

重たいタスクを複数こなすゲーム配信では、これらの点を踏まえた上で、PCのメモリ選びに注力することが成功への鍵となるでしょう。

ストレージの種類と容量が及ぼす配信品質

ゲーム配信時のPC選びにおいて、ストレージの種類と容量が配信品質に及ぼす影響は非常に重要です。

配信に最適なストレージを選ぶ場合、SSD(ソリッドステートドライブ)はHDD(ハードディスクドライブ)に比べて読み書き速度が格段に速いため、ゲームや配信ソフトなどの起動が迅速に行えます。

特にゲームデータのローディング時間が短縮され、視聴者にとってもスムーズな視聴体験を提供できるでしょう。

また、配信中には様々なデータが瞬時に処理される必要があるため、SSDの高速なデータアクセスは多くのメリットを生み出します。

さらに、容量に関しても注意が必要です。

高解像度での長時間配信を行う場合、大量のデータが生成されるため、最低でも1TBの容量を持つSSDが望ましいです。

もし予算が許すなら、ゲーム専用と配信データ専用の二つのSSDを使用することで、さらに安定した配信環境を構築できます。

これらの点から、ゲーム配信用PCには速度と容量を重視したSSDの選択が非常に重要だと言えます。

適切なストレージを選ぶことで、配信の品質を大きく左右すること無く、視聴者に快適な配信視聴を提供することが可能です。

SSD規格一覧


ストレージ規格 最大速度MBs 接続方法 URL_価格
SSD nVMe Gen5 16000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen4 8000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen3 4000 m.2 SSDスロット 価格
SSD SATA3 600 SATAケーブル 価格
HDD SATA3 200 SATAケーブル 価格
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

配信用PCのための冷却システム

配信用PCのための冷却システム

効率的なエアフロー設計の重要性

配信用PCのための冷却システムにおいて、効率的なエアフロー設計は非常に重要です。

ゲーム配信時には高い処理能力が要求され、パーツが発熱しやすいため、適切な冷却が必須となります。

エアフローが最適化されていることで、内部の熱が効率良く外に逃れることができ、パーツの温度上昇を抑えることが可能になります。

これにより、安定したパフォーマンスを維持することができ、長時間の配信でもPCの性能低下を防ぐことができます。

特に、ケース内の空気の流れを考え、インテークとエキゾーストのバランスを取ることが肝要です。

吸気口から新鮮な空気を取り入れて、排気口から熱い空気を効率的に排出する設計にすることが、オーバーヒートのリスクを低減します。

さらに、ケースの設計においては、空気がスムーズに流れるための十分なスペースが確保されているかも重要です。

狭いスペースでは空気が滞り、熱がこもりやすくなるためです。

また、高性能のファンや、熱を効率良く逃がすことができる大型のヒートシンクなど、適切な冷却部品の選定も欠かせません。

これらの部品が適切に機能することで、全体の冷却効果が高まり、PCが最高の状態で動作し続けることができます。

ですから、ゲーム配信を行う際には、これらの点を考慮してPCを組み立てることが求められます。

水冷式VS空冷式クーラーのメリット・デメリット

ゲーム配信用のPCでは、高性能なプロセッサやグラフィックカードを搭載するため、発熱量が通常の使用時よりも多くなります。

このため、効果的な冷却システムが必要不可欠です。

冷却システムには大きく分けて、水冷式と空冷式の二種類がありますが、それぞれにメリットとデメリットが存在します。

水冷式クーラーの最大のメリットはその冷却効率の高さです。

水は空気よりも熱を効率良く運べるため、高負荷がかかるゲーム配信時でもCPUやGPUの温度を効果的に下げることができます。

さらに、水冷式はファンを使用する空冷式に比べて騒音が少ないため、配信中に不快なファン音が入る心配が少ないです。

一方で、水冷式はその構造上、漏れのリスクがあることや、価格が高めであることがデメリットとして挙げられます。

一方、空冷式クーラーはそのシンプルな構造から、メンテナンスがしやすく、初期コストも抑えやすいというメリットがあります。

また、水冷式よりも導入が容易であり、多くのPCユーザーにとって親しみやすい冷却方法と言えるでしょう。

しかし、冷却効率は水冷式に劣りますし、高負荷時の騒音が気になることもあります。

ゲーム配信を行う際には、これらの特性を考慮して最適な冷却システムを選定することが重要です。

配信中のPCのパフォーマンスを最大限に引き出し、視聴者に快適な配信体験を提供するためには、冷却システムの選択がカギとなるのです。

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GX

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GX
【ZEFT Z45GX スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45GX

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52GR

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52GR
【ZEFT Z52GR スペック】
CPUIntel Core i9 14900F 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52GR

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BO

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BO

ゲームも仕事もリードする、マスタークラフトレベルのゲーミングPC
RTX 4070Tiと32GBメモリの絶妙なバランスで、驚異のパフォーマンスを実現
Silencio S600筐体、洗練された静寂が創る高性能サイレントマシン
プロフェッショナルを魅了する、Core i7 14700の圧倒的計算力

【ZEFT Z47BO スペック】
CPUIntel Core i7 14700 20コア/28スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BO

パソコンショップSEVEN ZEFT R58BE

パソコンショップSEVEN ZEFT R58BE

快適ゲームタイムを叶える、パワフルなゲーミングPC
高速プレイの新常識。バランス良好なスペックでゲームも仕事もスムーズに
クリアパネル搭載マイクロタワー。デザイン性とコンパクトさが融合
Ryzen 7 7700が生み出す、驚異の処理速度と無限大の可能性

【ZEFT R58BE スペック】
CPUAMD Ryzen7 7700 8コア/16スレッド 5.30GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake S100 TG
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R58BE

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45SLT

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45SLT
【ZEFT Z45SLT スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45SLT

ゲーム配信PCの接続ポートと拡張性

ゲーム配信PCの接続ポートと拡張性

配信の必須ポートとは?

ゲーム配信PCの接続ポートとその拡張性は、高品質な配信を行う上で非常に重要です。

特に、配信の必須ポートとしてHDMIやUSB、Ethernetが挙げられます。

HDMIポートは、映像や音声を高解像度で外部ディスプレイに出力するのに不可欠です。

多くのゲーム配信者は複数のモニターを使用するため、複数のHDMIポートが搭載されていることが理想的です。

次にUSBポートですが、これは配信機器、特にウェブカメラやマイク、ゲームコントローラーなどの周辺機器を接続するために使われます。

USBポートは数が多ければ多いほど、より多くの機器を同時に接続できるため便利です。

また、Ethernetポートはインターネット接続の安定性を保つために重要で、特に高画質で長時間にわたる配信では安定した有線接続が求められます。

これらのポートが充実していることによって、配信中のトラブルを減らし、よりスムーズな配信環境を実現することができるのです。

配信用PCを選ぶ際には、これらのポートが適切に装備されているかを確認することが、快適でプロフェッショナルなゲーム配信を行うための鍵となります。

将来的なアップグレードを考慮したマザーボード選び

ゲーム配信を行う際に必要なPC選びで、マザーボードは将来的なアップグレードを見据えた選定が重要です。

高性能なCPUやGPUを後々追加できる余地を持たせたいため、PCI Expressのスロットは多めに確保しておくことが望ましいです。

特に、グラフィックスカードはデュアルやトリプルで構成することがあるため、x16スロットを複数備えているモデルがお勧めです。

また、メモリの拡張性も考える必要があります。

現在は8GBや16GBが基本ですが、将来的には32GB以上を目指し、スロットの数や対応する最大メモリもチェックすることが大切です。

これにより、ゲームや配信ソフトウェアが要求するメモリ容量が増加しても安心です。

さらに、最新の技術に対応したマザーボードを選ぶことで、長期的な視点で見た時に性能の陳腐化を防ぐことができます。

例えば、Thunderbolt 3やUSB Type-Cなどの最新の接続ポートが装備されているかもチェックするとよいでしょう。

これらのポートは、高速なデータ転送や多彩な周辺機器の接続に役立ちます。

最終的に、マザーボードはゲーム配信用PCの心臓部とも言えるため、将来的なアップグレードを視野に入れた選定が重要です。

これにより、長期にわたって最高の配信環境を維持できるでしょう。


高速インターネット接続の重要性

高速インターネット接続の重要性

推奨されるインターネット速度と設定

ゲーム配信においては、高速で安定したインターネット接続が必須です。

頻繁に発生するラグや断絶は、視聴者の満足度を著しく下げる原因となりますので、最適な配信環境を整えることは非常に重要です。

推奨されるインターネット速度についてですが、安定した配信のためには、少なくとも下り速度で50Mbps以上、さらに上り速度では10Mbps以上が望ましいとされています。

この速度があれば、高画質でのストリーミングがスムーズに行え、配信中の技術的なトラブルを避けることができます。

また、配信者が複数のデバイスをインターネットに接続して使用する場合、これらの速度はさらに高く設定する必要があります。

さらに、インターネットの設定においては、有線LAN接続を選択することが理想です。

Wi-Fi接続も便利ですが、壁や障害物に影響されやすく、安定性に欠ける場合があります。

有線接続であれば、より直接的で安定したデータのやり取りが保証され、配信中に発生しうる予期せぬトラブルを最小限に抑えることが可能です。

ですから、ゲーム配信を行うPCには、確実な配信を支える強固なインターネット環境を整えることが求められます。

これにより、配信者としてのプロフェッショナルな姿勢も示すことができますし、視聴者からの信頼も得やすくなります。

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47HP

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47HP

エキサイティングゲーム体験をコミットする、均整の取れたスタンダードゲーミングPC
ハイレベルな性能バランス、ゲームとクリエイティビティを加速するマシン
スタイリッシュで静音性を追及した、洗練されたデザインのPCケースが魅力
最新のCore i5が織り成す、快適パフォーマンスのゲーミングPC

【ZEFT Z47HP スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5000Gbps/3900Gbps KIOXIA製)
ケースAntec P10 FLUX
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47HP

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DW

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DW

次世代ゲームを制覇する、エンハンストミドルセグメントのハイパフォーマンスモデル
最新のGeForce RTX 4070Ti搭載、スムーズなレンダリングと鮮烈なビジュアル体験をコミット
透き通るCorsairのケース、内部が映えるクリアビューデザインで一目惚れ必至
Ryzen 7 7800X3Dの処理力で、あらゆる作業が驚くほどスピーディー

【ZEFT R56DW スペック】
CPUAMD Ryzen7 7800X3D 8コア/16スレッド 5.00GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R56DW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AKE

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AKE
【ZEFT Z47AKE スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AKE

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSF
【ZEFT Z45BSF スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSF

ゲーム配信PCの電源ユニット(PSU)選択ガイド

ゲーム配信PCの電源ユニット(PSU)選択ガイド

電源の容量がゲーム配信に与える影響

ゲーム配信において、PCの電源ユニット(PSU)の容量は非常に重要な役割を担います。

配信中には高いグラフィック設定や複数のプログラムを同時に動かすため、システム全体が安定して大量の電力を消費する必要があります。

適切な電源容量を選ぶことで、PCは必要なパフォーマンスを長時間維持でき、予期せぬシャットダウンやパフォーマンスの低下を防げます。

例えば、高性能なGPUとCPUを搭載したゲーム配信用PCでは、少なくとも750W以上の電源が推奨されます。

これにより、大容量のデータを扱う際の安定供給が保証され、ゲームのフレームレートの低下や配信の中断などが最小限に抑えられます。

また、将来的にハードウェアのアップグレードを考えている場合には、さらに余裕を持った容量を選ぶことが賢明です。

一方で、PSUの容量が過剰に大きい場合は、無駄な電力を消費してしまうことがあります。

そのため、使用するハードウェアのスペックに合わせた適切な電源を選定することが、エネルギー効率の良い配信環境を整える上で重要です。

このバランスを適切に保つことが、長時間にわたるゲーム配信で高いパフォーマンスを維持する鍵となります。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

80 PLUS認証とは?

ゲーム配信に特化したPCを構築する際、電源ユニット(PSU)選びは非常に重要ですが、特に注目すべきなのが「80 PLUS認証」です。

この認証は、電源の効率を示す指標であり、PC全体の電力消費効率を向上させるための重要な要素となります。

80 PLUS認証は、100%の負荷時における電源効率が80%以上であることを意味し、Bronze、Silver、Gold、Platinum、Titaniumという5つのレベルに分かれています。

それぞれのレベルは、電源効率が高くなるほど上位に位置します。

例えば、Gold認証の電源は、20%、50%、100%の負荷時でそれぞれ87%、90%、87%以上の効率を持っているとされています。

この高効率は電力を無駄に消費することなく、より多くの電力をコンピュータの各部品に適切に供給し、熱の発生を抑え、安定したパフォーマンスを維持するために役立ちます。

ゲーム配信では、高性能なグラフィックカードやCPUが激しい処理を行うため、効率の良い電源ユニットが必要不可欠です。

不安定な電源供給はシステムクラッシュやハードウェアの損傷を引き起こす可能性があります。

このため、高いレベルの80 PLUS認証を受けた電源ユニットを選ぶことが、長時間の配信や高負荷なゲームプレイでも安心して楽しめる環境を整える鍵となります。

カスタムPC VS ブランドPC ゲーム配信に最適な選択

カスタムPC VS ブランドPC ゲーム配信に最適な選択

カスタム組み立てPCのメリット

カスタム組み立てPCのメリットとして、最初に挙げられるのは、自分の配信スタイルやゲームの要求スペックに完全に合わせたカスタマイズが可能である点です。

ゲーム配信では高いグラフィック性能が求められるため、最新かつ高性能のグラフィックカードを選択することができます。

また、プロセッサやメモリも、現在及び将来のニーズを満たすように選べるため、余裕を持ったスペック構成が可能となります。

さらに、カスタムPCでは冷却システムを強化することができるため、長時間の使用においても高い安定性を保つことができます。

カスタムPCのもう一つの大きな利点は、アップグレードの柔軟性です。

将来的に新しい技術が登場した場合でも、部品の交換が容易であるため、常に最先端のパフォーマンスを維持することが可能です。

このように、カスタム組み立てPCは、ゲーム配信を本格的に行ないたい方にとって、長期的な視点でコストパフォーマンスに優れた選択肢と言えるでしょう。

また、組み立てる過程でPCの構造や機能について深く理解できるという教育的な側面も見逃せません。

自らの手で一つ一つの部品を選び、組み上げていくことは、トラブルが発生した際の対応能力を高め、より良い配信環境を維持しやすくします。

これらの理由から、カスタム組み立てPCは多くのゲーム配信者に支持され、選ばれているのです。

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45Z

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45Z

エンスージアスト級ゲーミングPC、高速なプレイ体験を提供する64GBメモリ装備のハイグレードマシン
最新のRTX 4060Tiが映し出す、印象的な映像美。強力なi7がサポートする、均整のとれたスペック
エレガントなホワイトケースに映えるクリアパネル、美しさとクーリング性能を備えたH5 Flowデザイン
高速処理を生む、最新i7プロセッサ。クリエイティブ作業もスムーズにこなすPC

【ZEFT Z45Z スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ64GB DDR5 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H5 Flow White
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel Z790 チップセット ASRock製 Z790 Pro RS WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45Z

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ASA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ASA

ハイバリュー・スタンダードで遊びと仕事をこなす、多用途ゲーミングPC!
大容量メモリと新世代CPU、バランスに優れたスペックでパフォーマンス抜群
透明なサイドパネルが光り輝く、洗練されたミドルタワーデザイン
リファインド・パワーを秘めた最新i5、コア性能で高速処理を実現

【ZEFT Z45ASA スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ64GB DDR4 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ASA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AMW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AMW

コアなユーザーが求めるパフォーマンス、ユニバーサルミドルセグメントの代名詞ゲーミングPC
平衡を極めた、DDR4-3200メモリ搭載&1TB SSDのスピード感ある動作体験
ホワイトミドルタワーケースで、透明感あるデザインがどんな空間にも鮮やかなアクセント
i7-14700F搭載、プロフェッショナルセグメントの力強い心臓部

【ZEFT Z47AMW スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ブラック
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AMW

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45J

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45J

高性能を手軽に。バランスドハイパフォーマンスが魅力のゲーミングPC
RTX 4070の鮮烈なビジュアルとi5の敏速パフォーマンスがハーモナイズを実現
静穏性を纏ったスチールボディ、Antec P10 FLUXで妥協なきデザイン性
最新技術搭載、i5-14600KFが切り拓く、次世代の速さの新章

【ZEFT Z45J スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースAntec P10 FLUX
CPUクーラー空冷 Noctua製 空冷CPUクーラー NH-U12A
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45J

市販ブランドPCの利点と限界

市販されているブランドPCは、ゲーム配信において手軽に始められるメリットがあります。

最初からバランスよく構成されているため、パーツの互換性に悩むことなく即座に配信環境を整えることが可能です。

また、メーカー製のPCは安心のサポート体制や保証が整っている点も大きな魅力です。

万が一の故障やトラブルにも迅速に対応してもらえるため、配信活動において安定性を求める方には最適です。

しかしながら、ブランドPCにはカスタマイズの自由度が低いという側面も存在します。

市販のPCでは、使用するCPUやグラフィックカードなどが予め決定されており、特定の部分だけを後から強化することが難しい場合があります。

これは、最新ゲームの高画質配信を行いたい場合や、より多くのソフトウェアを同時に動かす必要がある場合には不便が生じることも考えられます。

また、プレミアム製品への割高な価格設定が敷かれていることも多く、初期投資が高額になる傾向にあります。

ゲーム配信を本格的に業として考える場合は、将来のアップグレードや拡張性を重視したPC選びが重要です。

市販ブランドPCは手軽さと安心を手に入れられる反面、将来のスペック変更やニーズの拡大に対応しづらいというジレンマも抱えています。

ですから、配信者の目的とニーズをしっかりと見極めた上で、適切な選択を行うことが求められるでしょう。

ゲーミングPCの適正価格帯とコストパフォーマンス

ゲーミングPCの適正価格帯とコストパフォーマンス

予算別推奨スペック概観

ゲーミングPCを選ぶ際、予算に応じた推奨スペックの把握は非常に重要です。

例えば、入門レベルのゲーム配信を目指す場合、最低限必要なのは、Intel Core i5またはAMD Ryzen 5、16GBのRAM、そしてNVIDIA RTX4060またはそれに相当するグラフィックスカードです。

これらのスペックでは、多くの現代のゲームを中~高設定で快適に楽しむことができます。

一方、より高画質での配信や複数のゲームを同時にこなす場合には、Intel Core i7またはAMD Ryzen 7、32GBのRAM、NVIDIA RTX4070以上のグラフィックスカードを選ぶことが望ましいです。

さらにプロレベルの配信を目指す方なら、最新のIntel Core i9やAMD Ryzen 9、64GBのRAM、そしてNVIDIA RTX4080やAMD Radeon RX 7800 XTといった高性能なグラフィックスカードが適しています。

各レベルにおいて、その予算に見合った最適なコンポーネントの選定は、ストリーミングの質を大きく左右しますし、長期的にPCのパフォーマンスを維持する上でも重要です。

視聴者にとって快適な視聴体験を提供するためには、このような細かなスペックへの気配りが必要となるのです。

投資すべきPCコンポーネント

ゲーム配信におけるPCの選定で最も重視すべきコンポーネントは、CPU、GPU、そしてメモリです。

これらはゲームのパフォーマンスはもちろん、配信のクオリティに直接影響を与える重要な要素であり、投資に値する部分でもあります。

CPUは複数のタスクを同時に効率よく処理できる能力が求められるため、少なくとも8コア、できれば12コア以上のモデルを選ぶことが重要です。

一方で、GPUは高解像度でゲームを快適にプレイし、同時に高品質でストリーミングするためには、最新世代のものを選択することが望ましいです。

メモリは最低16GBを推奨しますが、24GB以上を搭載できるとさらに多くのアプリケーションを同時にスムーズに動かすことが可能です。

これらのコンポーネントに適切な投資を行うことで、長期にわたって高いパフォーマンスを維持することができるため、結果としてコストパフォーマンスにも優れた選択と言えるでしょう。

人気PCゲームタイトル一覧


ゲームタイトル 発売日 推奨スペック 公式
URL
Steam
URL
Street Fighter 6 / ストリートファイター6 2023/06/02 プロセッサー: Core i7 8700 / AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: RTX2070 / Radeon RX 5700XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Apex Legends / エーペックスレジェンズ 2020/11/05 プロセッサー: Ryzen 5
グラフィック: AMD RadeonR9 290, GeForce GTX 970
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
ELDEN RING / エルデンリング 2022/02/25 プロセッサー: Core i7-8700K or Ryzen 5 3600X
グラフィック: GeForce GTX 1070 or AMD RADEON RX VEGA 56
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ペルソナ3 リロード 2024/02/02 プロセッサー: Core i7-4790, AMD Ryzen 5 1400
グラフィック: GeForce GTX 1650, 4 GB, AMD Radeon R9 290X, 4 GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
TEKKEN 8 / 鉄拳8 2024/01/26 プロセッサー: Core i7-7700K/AMD Ryzen 5 2600
グラフィック: GeForce RTX 2070/AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Palworld / パルワールド 2024/01/19 プロセッサー: Core i9-9900K
グラフィック: GeForce RTX 2070
メモリー: 32 GB RAM
公式 steam
Baldur's Gate 3 / バルダーズゲート3 2023/08/04 プロセッサー: i7 8700K / AMD r5 3600
グラフィック: 2060 Super / RX 5700 XT (8GB+ of VRAM)
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ドラゴンズドグマ 2 2024/03/21 プロセッサー: Core i7-10700 or Ryzen 5 3600X
グラフィック GeForce RTX 2080 / AMD Radeon RX 6700
メモリー: 16 GB
公式 steam
ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON 2023/08/25 プロセッサー: Core i5-10400 or Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 590 or Arc A750
メモリー: 12 GB RAM
公式 steam
ホグワーツ・レガシー 2023/02/11 プロセッサー: Core i7-8700 or AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce 1080 Ti or AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Cities: Skylines II 2023/10/25 プロセッサー:Core i5-12600K | Ryzen 7 5800X
グラフィック: GeForce RTX 3080 | RadeonRX 6800 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
サイバーパンク2077:仮初めの自由 2023/09/26 プロセッサー: Core i7-12700 or Ryzen 7 7800X3D
グラフィック: GeForce RTX 2060 SUPER or Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
DIABLO IV / ディアブロ IV 2023/10/18 プロセッサー:Core i5-4670K or AMD Ryzen 1300X
グラフィック: GeForce GTX 970、Arc A750、Radeon RX 470
公式 steam
オーバーウォッチ 2 2023/08/11 プロセッサー:Core i7 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 6400
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Monster Hunter World: Iceborne 2020/01/10 プロセッサー:Core i3 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD Radeon RX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
MONSTER HUNTER RISE: Sunbreak 2022/01/13 プロセッサー:Core i5-4460 or AMD FX-8300
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD RadeonRX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
BIOHAZARD RE:4 2023/03/24 プロセッサー: Ryzen 5 3600 / Core i7 8700
グラフィック: AMD Radeon RX 5700 / GeForce GTX 1070
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Call of Duty Modern Warfare III 2022/10/28 プロセッサー:Core i7-6700K or AMD Ryzen 5 1600X
グラフィック: GeForce RTX 3060 or AMD RadeonRX 6600XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
デッドバイデイライト 2016/06/15 プロセッサー: Core i3 or AMD FX-8300
グラフィック: 4GB VRAM以上
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Grand Theft Auto V 2015/04/14 プロセッサー: Core i5 3470 / AMD X8 FX-8350 4GHz
グラフィック: GeForce GTX 660 2GB / AMD HD7870 2GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Forza Horizon 5 2021/11/09 プロセッサー: Core i5-8400 or AMD Ryzen 5 1500X
グラフィック: GTX 1070 OR AMD RX 590
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam


ゲーム配信における周辺機器の選び方

ゲーム配信における周辺機器の選び方

必須の入力デバイス

ゲーム配信において、プレイヤーのパフォーマンスを存分に引き出すためには、入力デバイスの選定が非常に重要です。

特にゲーム配信では、快適さと正確性が求められるため、キーボードやマウスは慎重に選びたいものです。

高速で正確な入力を可能にするメカニカルキーボードは、タイピングの反応性や耐久性に優れており、長時間の使用にも適しています。

また、ゲーミングマウスは、その多機能ボタンを活用してゲーム内のアクションを素早く行うことが重要です。

さらに、マウスのDPI設定が調節可能であることもポイントとなり、細かな動きが求められるゲームでは高いDPI設定が役立ちます。

このように、ゲーム配信用のPCを選ぶ際には、ただ単にパワフルなスペックを追求するだけでなく、配信するゲームの種類や個々のプレイスタイルによって、最適な入力デバイスを選ぶことが成功への鍵となります。

そのため、市場には様々な機能を持ったキーボードとマウスが存在しており、それぞれの特性を理解し選ぶことが、視聴者に最高の配信体験を提供するためには不可欠です。

ゲーム配信者にとって、この選択が直接的に視聴者の満足度に影響を及ぼすため、多くのプロストリーマーが自身の使用感を共有することも、選定の一助となります。

高応答モニターの選定基準

高応答モニターの選定基準として、まず注目すべきはリフレッシュレートです。

ゲーム配信では、スムーズな映像が必要不可欠であり、少なくとも144Hz以上を推奨します。

さらに、応答速度も重要な要素で、特にFPSや格闘ゲームなどのリアクション速度が求められるジャンルを配信する場合には、1msの応答速度を持つモニターが理想的です。

次に重要なのが解像度です。

一般的には1080p(フルHD)が主流ですが、より高い解像度である1440p(クアッドHD)や4K(ウルトラHD)を利用することで、視聴者に高品質な映像を提供できます。

ただし、これらの高解像度設定に対応するには、それに見合ったグラフィックス性能もPCに求められますので、慎重に選定することが大切です。

また、色再現性に優れたパネルタイプを選ぶことも配信の質を左右します。

IPSパネルは広い視野角と優れた色精度を持つため、多角度からの視聴にも適しています。

ゲームの映像をよりリアルに、そして鮮やかに伝えるためには、こうした特性を持つモニターが推奨されます。

最後に、配信環境の光の条件に合わせた設定ができるモニターを選ぶことも見逃せません。

室内照明の影響を受けにくい、輝度調整やブルーライトカット機能が付いたモニターを選べば、長時間の配信でも目の負担を減らすことができます。

こうした細部にも注意を払い、最適なモニターを選定することが、高品質なゲーム配信を実現する鍵となります。

ゲーム配信用PCのメンテナンスとセキュリティ

ゲーム配信用PCのメンテナンスとセキュリティ

定期的な清掃とアップデートの実施

ゲーム配信用PCを常に最高のパフォーマンスで動かすためには、定期的な清掃とシステムおよびソフトウェアのアップデートが非常に重要です。

PC内部のホコリは熱を閉じ込める原因となり、冷却能力の低下を招くことがあります。

特にゲーム配信では高負荷がかかるため、適切な冷却が必要不可欠です。

月に一度は、PCの内部をエアダスターで優しく掃除し、ファンの動きをスムーズに保つことがおすすめです。

また、OSや配信用ソフトウェアの定期的なアップデートは、セキュリティを保ちながら最新の機能を活用するためにも重要です。

アップデートには新たなセキュリティパッチが含まれていることが多く、攻撃者からPCを守るための防御壁となります。

さらに、ソフトウェアのアップデートはバグ修正やパフォーマンスの最適化が行われることが多いため、配信のクオリティを維持し向上させるためにも定期的な確認と実施を推奨します。

これらのメンテナンス作業を適切に行うことで、ゲーム配信用PCは常に最良の状態を保つことができ、長期にわたって高性能を維持することが可能です。

また、トラブルが発生した際の対処も迅速に行えるようになり、より安心して配信活動に集中することができるでしょう。

これらの簡単な手順によってもゲーム配信の体験はぐんと向上します。

安全な配信環境を作るための対策

ゲーム配信を行う際には、まだ見ぬ危険からシステムを守ることが必要です。

プレイヤーとしての楽しい瞬間を視聴者に共有する一方で、配信環境のセキュリティを保つことは、ストリーマーにとって最も重要な責任の一つと言えるでしょう。

まず、強力なアンチウイルスソフトウェアを使用することが基本です。

これにより、マルウェアやスパイウェアがシステムに侵入することを防ぎます。

また、定期的なアップデートは不可欠です。

ソフトウェアだけでなくオペレーティングシステムも含め、セキュリティパッチが適切に適用されているかを常に確認してください。

次に、強固なパスワードの設定も忘れてはならない点です。

特に、ストリーミングソフトウェアや関連アプリケーションのログインに使用するパスワードは、複雑で独自のものを利用することが求められます。

さらに、二要素認証を設定しておくと、更にセキュリティレベルを向上させることができます。

最後に、配信中には個人情報が外部に漏洩しないよう、十分注意が必要です。

ゲーム中に誤って個人情報を表示してしまわないよう、オーバーレイの使用や情報が表示される場所の確認を怠らないこと。

これらの対策を通じて、安全な配信環境を確立し、視聴者に安心して楽しんでもらう配信を心がけましょう。

これが、信頼できる配信者になるためのステップです。

あわせて読みたい

おすすめPCレビュー 3Dモデリングで選ぶ最適構成

BTOパソコンをおすすめする理由

BTOパソコンを選ぶならこのポイント!高性能なPC作成ガイド

おすすめのPCありますか?

イラストレーター必携! おすすめPCでAIイラストを次のレベルへ

ゲーミングPCおすすめブログ

パソコン寿命のサインを見逃すな! 今からできる予防策

ゲーミングPC紹介ゲーマーズPC

おすすめBTOゲーミングPC 価格対効果で選ぶ最強マシーン

デスクトップPCガイド

ミュートなマシンの秘密 おすすめ静音PCのスペック徹底解説

BTOパソコンX

機能と価格のバランス! イラスト制作用おすすめPCの見つけ方

パソコンのTierを知ろう

ゲーマー必見! コスパ最強のおすすめBTOゲーミングPC

ゲーミングPCおすすめブログ

ゲーミングPCの寿命を見極める! 兆候と対応策

おすすめのPCありますか?

ゲーミングPCのメモリガイド ラグなくスムーズなゲーム体験のために

BTOパソコンをおすすめする理由

決定版! 高性能ゲーミングPC選び方相談所

ゲーミングPCおすすめブログ

最適化された創造力 AI画像生成に必須のおすすめPC

デスクトップPCガイド

音楽制作PCとDAWの選定術 ジャンル別の推奨スペックとは?

BTOパソコンX

ゲーマー必見! おすすめゲーミングPCで勝利を掴め

ゲーミングPC紹介ゲーマーズPC

仕事からゲームまで! おすすめデスクトップPC完全ガイド

おすすめのPCありますか?

BTOパソコン カスタマイズでフルに活かすハイエンド選び

ゲーミングPCおすすめブログ

配信マスター必携! 最高のパフォーマンスを誇るゲーミングPCおすすめ

初心者でも分かるBTOパソコン入門

仕事を変えるおすすめ「AI PC」 エキスパートによる選び方

BTOパソコンX

静音PCの選び方 プロが教えるおすすめの環境

パソコンのTierを知ろう

ビデオ編集を快適にするPC選び おすすめのハードウェアとは?

ゲーミングPC紹介ゲーマーズPC

映像クリエイターが求めるパソコン 編集作業をスムーズに

デスクトップPCガイド

画像編集用PCの魅力 プロが教える効率的なおすすめハード選び

ゲーミングPCおすすめブログ

ノイズを排除 おすすめ静音PCで理想の作業環境を

BTOパソコンをおすすめする理由

フルカスタマイズ可能! プロがおすすめするBTOパソコンの選び方

パソコンのTierを知ろう

RTX4080 SUPERで勝ち抜く! eスポーツ御用達ゲーミングPCの選び方

ゲーミングPC紹介ゲーマーズPC

音楽制作PCの要 これがあればDAWが極限まで使える!

おすすめのPCありますか?

プロの映像クリエイターがおすすめする、パソコン購入完全ガイド

デスクトップPCガイド

画像生成AIを活かす! プロおすすめのPCスペック徹底解説

初心者でも分かるBTOパソコン入門

ゲーム用パソコンの進化! 選び方とトレンド分析

BTOパソコンX

クリエイティブワークに最適! AIイラスト向けおすすめPCリスト

ゲーミングPCおすすめブログ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次